本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.0599-72-5555

〒517-0603
三重県志摩市大王町波切1941-1

ホーム > 病院紹介 > 病院の沿革

病院紹介

病院の沿革

 国民健康保険制度の普及強化と、町民の医療の充実並びに健康管理の向上を図るために、国民健康保険直営診療所の設置計画が立てられ、昭和26年度事業として木造スレート瓦葺平屋建二棟(96坪)を、波切町石千谷地内に建設し、昭和27年6月1日、波切町国民健康保険直営診療所として開設して内科・外科・産婦人科の診療を始めたのが現在の前身である。

 昭和29年8月1日、町村合併により大王町誕生とともに、大王町国民健康保険直営診療所と改め、昭和30年9月1日に病院昇格の認可を受けて、大王町国民健康保険病院として開設し、内科・小児科・産婦人科の診療科目を持って診療を始めた。

 昭和34年9月、史上未曽有の伊勢湾台風により病院施設がことごとく大破し、設備機器の大部分は塩害の影響を受け甚大な被害をこうむった。その後、医師の雇い入れ問題が大きな課題なり、協議の上近代的な病院を建設してから医師の確保をという意見が大勢となり、昭和42年・43年度の継続事業を持って現在の場所に鉄筋コンクリート平屋建、診療棟、病棟39床、給食棟を建設し、昭和44年7月1日より新病院にて診療を開始する。

 その後、10年を経過した昭和54年度において利用者の増加と地域医療の拡充を目指して増築を行った。近年、長寿社会の到来、疾病構造の変化、医療技術の進歩、住民の健康と福祉に対するニーズの多様化に応えるため、平成7年度から3ヵ年の継続事業により鉄筋コンクリート3階建て(一部2階建て)一般病棟55床の全面改築を行い最新式医療機器も完備し、近代的医療施設として住民に広く利用されてきた。

 平成16年度から医師不足により業務見直しを余儀なくされ、病棟は医療型療養病床50床のみとなっていたが、平成19年10月1日に志摩市立国保前島病院と一部統合を行い、一般病床20床・療養病床30床となった。

 平成20年より大王病院及び前島病院との統廃合を行い、一般病床50床、療養病所40床となり、名称を新たに国民健康保険志摩市民病院として診療を開始した。

国民健康保険 志摩市民病院志摩市民病院

〒517-0603
三重県志摩市大王町波切1941-1
TEL 0599-72-5555
FAX 0599-72-3949