本文へスキップ

■ 外来診療担当表 ■

ホーム > 体験記 > 2019年地域医療研修 名古屋市立大学初期研修医2年目

体験記

2019年地域医療研修 体験記
名古屋市立大学初期研修医 2年目


私は初期研修医の2年目に地域医療研修として、志摩市民病院にて一ヶ月ほど研修をさせていただきました。普段は都市部の大学病院で研修をしておりましたが、地域に寄り添った小規模病院の医療を見ておきたいと思い、志摩市民病院を選ばせていただきました。

志摩市民病院では、病棟・一般外来・救急外来業務から、訪問診療にも同行させていただきました。その都度いろいろとご指導いただいたのはもちろんですが、一番に印象に残っているのは、医師をはじめとする医療スタッフと患者様との距離がとても近く、医療者である以前に地域のご近所さんとして、患者様に寄り添った診療を行われていたのが印象的でした。

勤務後には、病院スタッフの方や地域の方々がいろいろな行事や地元のおいしいお店に連れて行ってくださり、志摩の魅力をたくさん体験し非常に楽しく過ごさせていただきました。下宿から徒歩県内に漁港があるのですが、地元の漁師さんと伊勢エビ漁やアジ釣りに行き、新鮮な海産物をその場で食べさせてくださったのがよい思い出です。

制度上、研修医が研修を行える病院は急性期の総合病院のみで、専門科が複数あり分業制が当たり前かと思いますが、院長の江角先生はgeneralistとして地域医療に精通されて、かつ大変情熱を持って取り組まれており、一ヶ月間で感銘を受けることが何度かありました。

今後も多くの研修医が志摩市民病院を訪れて、今後の自身の医師像の糧となる経験を得ながら、志摩の魅力に触れて、ここでしか味わえない充実した地域医療研修を送っていただけたらと思います。この体験記を読んでくださっている研修医の方がいれば、是非一度志摩をおとずれてみてください。

最後にはなりますが、この場を借りて一ヶ月間私に関わってくださったすべての先生方、病院スタッフの皆様、地域住民の皆様に感謝申し上げます。一ヶ月間、誠にありがとうございました。

国民健康保険 志摩市民病院志摩市民病院

〒517-0603
三重県志摩市大王町波切1941-1
TEL 0599-72-5555
FAX 0599-72-3949